【03】 CD写真集「黒石寺蘇民祭」(スライドショー形式)
5132f1ee421aa9188f003531 5132f1ee421aa9188f003531 5132f1ee421aa9188f003531 5132f1ee421aa9188f003531

【03】 CD写真集「黒石寺蘇民祭」(スライドショー形式)

¥2,000 税込

送料についてはこちら

国指定無形民俗文化財 日本三大奇祭 岩手県奥州市水沢区 妙見山(みょうけんざん)黒石寺(こくせきじ) 2007年2月24・25日の記録  岡山「西大寺会陽」と大阪「四天王寺どやどや」と共に日本三大奇祭のひとつに数えられる「黒石寺蘇民祭」のスライドショーCDです。奇しくも取材した平成19年(2007)が素っ裸の参加者が見られる最後の年で、翌2008年からは、警察当局の介入により、一般参加者は褌を外すことが禁止されました。賛否両論がありますが、江戸時代から続く裸祭の伝統がゆがめられたと思うのが筆者らの立場です。藤波洋香住職の苦渋の決断でしたが、その後も親方の全裸だけは続けられています。  黒石寺蘇民祭は、薬師信仰千古の歴史にのっとり、五穀豊穣と災厄祓いを願って、裸参り、柴燈木登(ひたきのぼり)、別当登(べっとうのぼり)、鬼子登(おにごのぼり)と続き、祭りのクライマックス・蘇民袋争奪戦に至る水と炎の織りなす勇壮な裸祭りです。江戸時代後期に傑出した紀行文を多数残した旅行家・菅江真澄(すがえますみ)は、蘇民祭を見て「世に珍しきあらがい祭りなり」と記しています。現在、国から記録保存すべき無形民俗文化財に指定され、黒石寺・藤波洋香(ふじなみようこう)住職の指揮のもと、黒石寺蘇民祭保存協力会青年部が祭りを取り仕切っています。  このCDは、黒石寺蘇民祭が先祖代々受け継いできた古き良き時代の裸文化を完全記録した最後の写真集で、原画を紐解いて再編集した貴重な作品です。後世に真実を伝えたいという思いで全力を注いで作成しました。  現在、internetにアップしている画像は140枚ほどしかありませんが、未発表画像と解説画像をあわせて389枚の感動巨編となりました。山伏、山内節、鬼太鼓などのBGMが流れるなか、高精細画像がディスプレー一杯に展開し、5秒ごと切り替わるスライドショーとなっており、上映時間は33分です。画像の合間にホームページに掲載している解説画像を挿入していますので、そこで停止し、祭の内容を把握しながら観賞できるようになっています。  付録として、翌年の2008年に発生した「蘇民祭セクハラポスター騒動」の顛末を掲載していますので、裸祭ファンにとって絶対に外せない愛蔵版となりました。個人で楽しむ限り、自由にプリントアウトして構いません。最大A4サイズ程度までプリントできます。 (サンプル)Youtube http://youtu.be/DZuF9o3n9Jg 参照:黒石寺蘇民祭(こくせきじ・そみんさい) http://wadaphoto.jp/maturi/somin1.htm ◎ Wa☆Daフォトギャラリーでは、更に詳しい説明やリピーター割引があります。(後払い銀行振込のみです。) http://wadaphoto.jp/maturicd.htm

その他のアイテム