【09】 DVD写真集「鐵砲洲寒中水浴」(スライドショー形式)
5133292d421aa9785b00278b 5133292d421aa9785b00278b 5133292d421aa9785b00278b 5133292d421aa9785b00278b

【09】 DVD写真集「鐵砲洲寒中水浴」(スライドショー形式)

¥2,000 税込

送料についてはこちら

東京都中央区 鐵砲洲稲荷神社 正月第二日曜日 2005~2018 撮影:星 宏幸ほか  鐵砲洲稲荷神社で行われる寒中水浴大会は、関東一の水の祭りとして知られ、東京の新春の風物詩となっています。午前10時50分、中川文隆・鐵砲洲稲荷神社宮司の挨拶と全員の参拝を皮切りに、寒中水浴大会が始まります。参加者たちは、越中褌と鉢巻をキリリと締め、準備運動の鳥船、神社一周の褌ランニング、鐵砲洲囃子が流れる中での三度の水行、整理運動の鳥船と、50分に及ぶ裸の水行を無事にこなし、湊湯で冷え切った身体を温めた後、社務所二階の直会(なおらい)に出席して和やかな初春のひとときを楽しみ、清々しい新年のスタートを切ります。  Wa☆Daフォトギャラリーは、2005年の第50回大会から密着取材を始め、2018年で14年目となりました。2008年に筆者が60歳の還暦を迎え、還暦記念赤褌水浴を果たして以来、撮影は弥生会広報部などにお任せし、毎年禊に参加するようになり、筆者の新年は鐵砲洲から始まることになりました。  2010年以降、全国から参加者を募集し、全国連和田グループとして参加するようになり、2018年の和田グループ第九期は、群馬、埼玉、東京、神奈川、広島、福岡の6都県と米国ハワイから14人が参加しました。  このDVDは、無名の時代から関東一の水の祭として知られるようになった鐵砲洲寒中水浴大会の歴史が刻まれた感動の記録です。2005年の第50回大会から2018年の第63回大会までの14年間に撮影された画像は1405枚、上映時間は119分。江戸時代に行われていた寒中水浴を復活させ、半世紀50年にわたって黙々と続けてこられた中興の祖・故中川正光前宮司の写真も収録されていて貴重な記録となっており、見応え十分です。別フォルダーに原画928枚も同梱していますので、最大A3までプリントできるパワーアップ版です。 (サンプル)Youtube https://youtu.be/YK-jEvW45EM 参照:鐵砲洲寒中水浴(てっぽうず・かんちゅうすいよく) http://wadaphoto.jp/maturi/sui181.htm