【19】 CD写真集「島立堀米の裸祭り」(スライドショー形式)
513353c7421aa98ad8000898 513353c7421aa98ad8000898 513353c7421aa98ad8000898 513353c7421aa98ad8000898

【19】 CD写真集「島立堀米の裸祭り」(スライドショー形式)

¥1,500 税込

送料についてはこちら

長野県松本市 津島牛頭天王社 2011年7月3日(7月第一日曜日)  祭前の日曜日、子供たちは、紙幟をつくり、褌を締める練習や神社境内の清掃、幟の建立、紙幟を差し立てる泥山(砂山)づくりなどの準備を行います。祭前日の夜は、神社に角燈籠(かくとうろう)を掲げて参拝し、太鼓をたたいて宵祭を祝います。  祭当日は、堀米公民館に集合し、六尺褌を締め、勢揃いして神社に赴き、拝礼して神社を三周したあと、親玉(6年生)が大幟、中玉(4~5年生)が中幟、小玉(1~3年生)が五色の紙幟を担ぎ、AコースとBコースの二手に別れて、先頭の親玉の「オンヤーサー」の掛け声に呼応して、中玉と小玉が一斉に「モンヤーサー」と叫びながら町内を巡行して厄払いを行います。  子供たちは、町内巡視を終えて神社に戻ってくると、幟を収め、参拝のうえ禊場に飛び込んで禊を行ったあと、公民館に戻り、シャワーを浴びて汗や泥を流してから更衣し、大広間で鍋物の食事会となります。褌を締めた子供たちだけの裸祭は、極めて珍しい祭です。98枚、上映時間10分。 (サンプル)Youtube http://youtu.be/grOughmyPFc 参照:島立堀米の裸祭り(しまだちほりごめのはだかまつり) http://wadaphoto.jp/maturi/simadati01.htm ◎ Wa☆Daフォトギャラリーでは、更に詳しい説明やリピーター割引があります。(後払い銀行振込のみです。) http://wadaphoto.jp/maturicd.htm

その他のアイテム