【41】CD写真集 「山伏滝行」(スライドショー形式)
5332f0d33e7a4a568b0002e2 5332f0d33e7a4a568b0002e2 5332f0d33e7a4a568b0002e2 5332f0d33e7a4a568b0002e2 5332f0d33e7a4a568b0002e2 5332f0d33e7a4a568b0002e2

【41】CD写真集 「山伏滝行」(スライドショー形式)

¥2,000 税込

送料についてはこちら

新潟県南魚沼市塩沢  巻機山萬学院 平成18年(2006)2月18日(土)  平成18年(2006)2月18日(土)、豪雪に埋まる新潟県南魚沼市塩沢で「第22回しおざわ雪譜(せっぷ)まつり」が開かれたので一泊二日の日程で激写してきました。 【しおざわ雪譜まつり】 塩沢は、江戸時代に三国街道(みくにかいどう)の宿場町として栄えたところで、「しおざわ雪譜まつり」は町おこしのイベントとして塩沢町商工会が発起人となって始まったもので 、塩沢で生まれた江戸時代の文人・鈴木牧之(すずきぼくし)が書いた「北越雪譜(ほくえつ・せっぷ)」にちなんで「雪譜まつり」と名付けられました。  この祭りの主役は、巻機山(まきはたやま)萬学院(まんがくいん)の里山伏たちで、「山伏水行之儀」と呼ばれる火生(かしょう)の滝で行われる滝行と護摩壇で行われる夜の柴燈護摩がメインイベントで、いずれも北越ならではの雪の祭典です。  このたび、 江戸時代から伝わる修験道を現代に伝える山伏たちによる滝行などの伝統文化を多くの方々に味わっていただき、蔵書版として永久保存していただくため、ホームページにはアップしていない100枚余りの新たな画像を追加したスライドショーCD写真集を作成しました。そして今回はじめて全画像の下部に一行の説明文が表示されるように設定しました。 このCDをMS-Windows対応パソコンのディスク・ドライブに挿入するとBGMが流れるなか、解説文を含む256枚の画像が5秒毎にディスプレー一杯に映し出され、約23分のスライドショーを楽しむことができます。画面にはコントローラーが内蔵されていますので、好きなところで止まったり、スキップしたりして、自由に観賞できます。ホームページ からは入手できない原画も同梱していますので、最大A3サイズまでプリントすることも可能です。個人で楽しむ限りは、自由にプリントアウトして構いません。 参照:しおざわ雪譜まつり http://wadaphoto.jp/maturi/seppu1.htm